時に磨かれた洋館を舞台に 幸せ紡ぐ
1925ウエディング

豊岡駅からまっすぐ続く銀行や市役所が並ぶ昭和レトロな商店街の一角に佇む一軒の洋館。 オーベルジュ豊岡1925の前身「兵庫縣農工銀行 豊岡支店」が建てられたのは、1925年のこと。

それから長い長い時を越えて受け継がれてきた石造りの欧風建築は豊岡を代表する文化財。

この町で出逢い、結ばれるふたり。 時を重ねた洋館を舞台に人生で最も輝く一日を迎え 夫婦としての物語がまたここからはじまります。

History|
華やかな時代の面影が残るレトロな洋館

オーベルジュ豊岡1925は、昭和9年(1934年)に「兵庫縣農工銀行 豊岡支店」として建てられた、豊岡を代表する文化財をリノベートして誕生しました。時が経つにつれて味わい深い輝きが宿るレトロな佇まいは、まるで年月をかけてこそ熟成する幸せな夫婦の象徴。
人生最高の幸せに包まれた大人のふたりのために。優しく自然光が差し込んで開放的ながらも貸切感を感じることができる空間は、まさにこの地で結ばれるふたりの人生を旅するプライベートリゾート。

Facility|
時のぬくもりを感じる洗練された欧風建築

時に磨かれた洋館一棟すべてをおふたりと、おふたりのゲストのためだけに。
パーティの舞台となるメインダイニングには天井まで届く窓があり、門出を迎えるふたりを祝福するように陽光が優しく降り注ぎます。ゆくっりと流れる時間に身をゆだね、寛ぎに満ちた大人のアットホームウエディングを。
時間と空間をふたりらしく彩り今日のこの幸せをありのままに表現して、生涯色褪せることのない心に残るひとときを。

Hospitality|
「一日だけど、一生のこと」

結婚式は長い人生のなかでたった一日の出来事。
その日を迎えるまでの人生をたくさんの愛で包んでくれた大切な人達の存在。結婚式はふたりの人生に欠かせない大切な人をお招きし、新たな幸せの門出を報告しお祝いしていただく場。私たちは、結婚式当日お越しいただいたすべての方を自身の愛する大切な人だと思ってお迎えします。
それは、お手伝いさせていただく私たちスタッフは結婚式を通じておふたりの人生に寄り添っていると考えているからです。