旅婚/リゾート婚を考える夫婦に豊岡の結婚式をおススメする理由

302pv

_MG_4593

今、兵庫県北部にある但馬地方で結婚式場を探そうとお考えのカップルが増えています。

これは旅行先で結婚式を行うリゾートウェディングに丁度良い風景と宿泊施設を備えた結婚式場であるからです。

今日は旅婚/リゾート婚を考える夫婦に豊岡の結婚式をおススメする理由をご紹介します。

リゾートウエディングの候補先としての但馬・豊岡の人気が高まっている。

大阪・神戸からの1泊2日の国内旅行で人気!但馬エリアには海・山・川がそろっていて、都会を離れて、自然を楽しむには最適のエリアです。

大阪・神戸からの1泊2日の国内旅行で人気!但馬エリアには海・山・川がそろっていて、都会を離れて、自然を楽しむには最適のエリアです。

 

従来、リゾートウエディングといえば、ハワイやグアムなど南国のリゾート地が人気でした。

近年は少しずつ事情が変わってきており、国内リゾートウエディングの人気が高まっています。

これは、海外へのリゾートウエディングの場合、最低3泊4日以上の時間が必要となりますが、国内リゾートウエディングの場合、1泊2日でも挙式を挙げることができる、結婚式のコストを抑えることができる点が要因です。

ちなみに、国内リゾートウエディングで最も人気なのは沖縄ですが、平成11年は年間200組しかなかった沖縄リゾートウエディングは、平成26年には12000組を超えたことで大きなニュースとなりました。

他にも国内リゾートウエディングの人気スポットとしては北海道、軽井沢、伊豆、箱根、八ヶ岳、京都などの人気が高まっています。

首都圏カップルを中心にこれらの動きが活発化したことで、上記のスポットが人気になってきましたが、近年は徐々に京都・大阪・神戸のカップルでも国内リゾートの人気が高まってきています。

リゾートウエディングを検討される方のは、海・ビーチなど活発な環境を求める方と、どこかレトロでのんびり、ゆったり、シンプルを求めるロハス的なものを求める方がいらっしゃいます。

このうち、後者のロハス的な思考を持たれる方が、東日本では伊豆、箱根を選び、西日本では豊岡・城崎温泉など但馬エリアを選ぶことが多くなっています。

縁起の良いコウノトリの街「豊岡」がリゾート婚に選ばれる理由

shutterstock_227613223

豊岡で旅婚・リゾートウエディングをされる方は、結婚式場ではなくホテルや旅館など宿泊施設を併設している結婚・披露宴会場を利用されることが多いです。

但馬地方には関西随一の温泉地である城崎温泉を始めとして、有名な宿泊施設が多数あります。

日本海沿岸はビオトープとして、子宝の象徴である”コウノトリ”の飛来する非常に縁起のいい土地柄です。

shutterstock_171316463

飛行機でいらっしゃる方には「コウノトリ空港」を利用されますし、大阪駅から2時間半の特急「コウノトリ」で、豊岡駅に着きます。

この縁起の良いコウノトリにあやかって、京都・大阪・神戸のカップルの国内リゾートウエディングの候補地として豊岡を選ばれる方が増えています。

豊岡・但馬エリアの結婚式場の探し方

豊岡・但馬エリアの結婚式場の探し方は、都市部の結婚式場の探し方とは異なります。

大手の結婚情報誌ではエリア外となり、豊岡・但馬エリアの結婚式場の情報を探すことができません。

地元が但馬の方でしたら、友人や親せきなどの口コミに頼りましょう。

豊岡・但馬に縁の無い方は、「豊岡・但馬」などエリア情報×「結婚式場」でインターネットを検索すると、複数の結婚式場を探すことができます。

豊岡・但馬エリアのホテルや旅館の料理は逸品が多いのが特徴です。

食の宝庫といえる但馬ですから、但馬牛をはじめとする食材を用いて、シェフが自慢の料理を堪能させてくれます。

 

老舗の旅館であるとか、有形文化財に指定されているホテルなど、但馬地方ではこだわりの結婚式場選びができます。

一生の思い出の地として、探し方も楽しめますので、豊岡は自分たちらしい式場選びのできる街と言えるでしょう。

長期休みには、ブライダルフェアにデート気分で参加して、ブライダルフェア自体をハネムーン気分で参加することもできますね。

ブライダルフェア会場では、試食させてくれる会場もあります。

なお、最近では、現地に行かなくても、遠隔地で電話、メール、skypeで打ち合わせができるので、この点は安心ですね。

関西のカップルで国内リゾートを検討される方は、ぜひ今後の豊岡に注目ください!

 

特集記事:但馬の和婚式事例|養父神社挙式・オーベルジュ豊岡1925披露宴