昭和初期創建、町と共に歩む文化財を舞台に時を越える洋館で永遠に色褪せないウエディングを。

 

オーベルジュ豊岡1925が建てられたのは昭和初期。
世界中が近代的な生活に想いを馳せ、豊かな文化が花開いた時代。
当時流行したアールヌーヴォー様式のデザインが印象的な石造りの洋館は 豊岡の近代都市への夢を託され誕生しました。

それから80余年。
町と共に歩み、幾千もの人々に親しまれてきた洋館。
当時そのまま姿に「時」を纏い、輝きを増してきた唯一無二の空間。

時を越え、人々の想いを紡ぐウェディング。

この地に生まれ、愛され、育まれたふたりの誓いの場として 人々の祝福とともにこの場所からはじまる大切な一日は
幸せに満ちた未来へと続くプロローグ。

夫婦のはじまりの場所は、家族の思い出を紡ぎ 時を越えて綴られるふたりの永遠の物語の舞台となります。

 

ふたりが夫婦になる日。
特別な日に、お互いへ、家族へ、大切な方々へ
それぞれに伝えたい気持ちがきちんと届きますように。

結婚式がふたりの生涯においてかけがえのない一日となるよう お打合せでは専任のプランナーがおふたりの想いを丁寧にお伺いします。

おふたりのお気持ちをどのようにゲストへお伝えするか お料理やコーディネート、進行や演出など様々なご提案をさせていただき 二人三脚で創るウエディングは世界にひとつのオーダーメイドウエディング。

 

お料理は、パーティにご参列されるゲストみなさまに必ず提供されるもの。
だからこそ、全ての人の心に残る一皿をお選びください。

お料理一皿一皿を豊富なメニューリストから自由に選んで、おふたりだけのフルコースが作れたり、 おふたりのご出身地の食材や想い出のお料理をご用意したり…。

オーベルジュ豊岡1925が大切にしている、食材にこだわり 食材から作りこむことを徹底している極上のフレンチで、 結婚式にお招きした大切な方へおふたりの気持ちを表現してください。 五感で味わうお料理がおふたりのおもてなしの気持ちを代弁します。

シェフが贈る美味しいお料理で、ゲストへ最高のおもてなしを。

 

挙式での感動や大切な人からの祝福をの余韻にひたり 静かに思い返す至福のひととき。
幸せに満ちたお部屋での宿泊は、自分たちへの贈り物。

オーベルジュだからこそ叶うおふたりだけで過ごす贅沢な時間。

 

おふたりがこれまでの人生でお世話になった方々が 一同に、同じ場所・時間・感動を共有する場、それが結婚式。

結婚式のその一日が最高の一日になれば そのあと人生も、きっと良い方向にすすんでいきます。

私たちは結婚式を通じて、おふたりの結婚式のあとの結婚生活 おふたりの「人生」と向き合っていると考えています。

 

文化財として後世に受け継がれるオーベルジュ豊岡1925は レストランとしてもご利用いただけます。

何十年経っても帰ってこれる場所があること。

結婚式のあとも夫婦や家族の思い出の場所として 記念日を彩る存在として、第二の我が家のように、生涯のお付き合いを。

Bridal Fair

─ ブライダルフェア ─