日本のデザイナーズ家具が迎える丹波篠山の古民家ギャラリーの宿

475pv

喜多俊之デザインの椅子と坪庭

 

まるでここで息づくような椅子。
日本を代表するプロダクトデザイナー喜多俊之氏の作品です。

IMG_2056s

ここは、喜多俊之氏がプロデュースする篠山城下町にある「篠山ギャラリーKITA’ S」。 城下町全体をひとつのホテルと見立て、点在する古民家に暮らすように泊まる「篠山城下町ホテルNIPPONIA」の新たな宿泊部屋が、2016年夏「篠山ギャラリーKITA’ S」の2階に誕生しました。

 

喜多俊之 TOSHIYUKI KITA

1969年よりイタリアと日本でデザインの制作活動を始める。イタリアやドイツ、日本のメーカーから家具、家電、ロボット、家庭日用品に至るまでのデザインで、多くのヒット製品を生む。作品の多くがニューヨーク近代美術館、パリのポンピドーセンターなど世界のミュージアムにコレクションされている。シンガポール、タイ、中国など、デザイン活性化の政府顧問をつとめた。また、日本各地の伝統工芸・地場産業の活性化、およびクリエイティブ・プロデユーサーとして多方面で活躍する。国際見本市「Living & Design」ディレクター。暮らしのリノベーション「RENOVETTA プロジェクト」を提唱。近年は、日本だけでなく、ヨーロッパ、アジアなどで、セミナーやワークショップを開く等、教育活動にも力を入れている。大阪芸術大学教授。1990年、スペイン「デルタ・デ・オロ賞(金賞)」受賞。2011年、イタリア「ADI黄金コンパス賞(国際功労賞)」受賞。2016年に、イタリア「第24回ADI黄金コンパス賞」の国際審査員を務める。著書:「デザインの力」、「地場産業+デザイン」、「デザインの探険」などがある。
喜多俊之 TOSHIYUKI KITA 引用元 http://www.toshiyukikita.com/jp/

 

素敵な暮しの道具を紹介する「篠山ギャラリーKITA'S」

篠山城の北に位置する青山通り(上二階町商店街)の一画にある、古民家を改装したギャラリー。日本最古の木造建築の裁判所が残る篠山市立歴史美術館の道隣にあります。昭和初期の日本家屋の趣きはそのままに2010年春に開店しました。

IMG_2143(1)

木の看板

 

「篠山ギャラリーKITA'S」は、喜多俊之氏が40年に渡って取り組んできた伝統産業を支える職人たちとのコラボレーションで生まれた作品をはじめ、各地の作家達による作品発表の場となっています。

篠山ギャラリーKITA'S

地場産業の活性化、伝統工芸の伝承と創発に力を注ぐ喜多氏のハイセンスで機能性に優れた作品の数々が並びます。
世界のKITAデザインの品を求めて、わざわざ遠方から来店する方も多いのだとか。

 

・篠山ギャラリーKITA'S
http://www.sasayama-kitas.jp/

 

2016年夏に誕生した障子庵「SYOUZI-AN」(しょうじあん)

古民家の趣きとデザイナーズ家具が共存するくつろぎの空間。美しさと機能性を極めたファニチャーに触れられる贅沢。

NIPPONIAグループの仲間入りとなりました。

障子庵「SYOUZI-AN」

「篠山ギャラリーKITA'S」の2階にあるこちらのお部屋は、日本家屋の伝統と現代の快適さ融合させた宿泊部屋。

ハイクラスで機能性に優れたKITAデザインのライトや家具を配しながら、三方向から障子越しの光がそそぎ込む気取らない和の空間。すべてを穏やかに包み込み、時の流れまでも特別なものにしてくれます。

 

日本の美と機能性に優れた建具、障子

障子は平安時代に襖(ふすま)から発展した日本を象徴する建具。日の光を優しく遮り、自然の明かりを程よく取り入れます。湿度の高い日本の気候に適し、吸湿性を持ち結露を防いで急激な室内温度の変化を抑える効果もあります。

間をゆるやかに仕切りながら、人に安らぎを与える障子。日本人が大切にしてきた思いやりの心が息づく空間がここにあります。

 

日本の夏の涼しく彩る簾(すだれ)
都会では得られない、自然の四季を感じ、人のあたたかさにふれ合い、まるでここで暮らしているかように泊まれる豊かな時間を体験してほしい。

飾らない篠山の日常は、長く滞在するごとに惹かれる魅力があり、本当の癒しを求める旅人を優しく迎えてくれます。

 

・障子庵「SYOUZI-AN」
https://peraichi.com/landing_pages/view/syouzian

・障子庵ご宿泊の予約ページ
http://www1.489ban.net/v4/client/plan/detail/customer/sasayama/plan/35425

 


 

ここにしかない、古民家の趣きと喜多俊之氏のデザイナーズ家具が共存する、至福のくつろぎの空間をぜひ味わってみてください。