豊岡1925はオーベルジュ豊岡1925としてリニューアルオープン!

553pv

吾輩は猫である。名前はまだ無い。
どこで生れたかとんと見当がつかぬ。何でも薄暗いじめじめした所でニャーニャー泣いていた事だけは記憶している。

皆さまには日頃より豊岡1925をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。

ホテル・カフェとして営業して参りました豊岡1925は、2015年4月18日にオーベルジュ豊岡1925として地域の皆さまとともに歩み、愛される但馬の食が楽しめるレストラン・カフェ・宿泊施設として、また多くの観光のお客様が集う場として新たに生まれ変わりました。

オーベルジュとは

オーベルジュとは、中世のフランス郊外で、その土地の食材を使った料理を提供するレストランが登場し、馬車で出かける習慣が盛んになった頃、飲酒後に運転することができなくなったお客様に対して、宿泊場所を提供したことが始まりと言われています。

オーベルジュ豊岡1925の料理

新たに生まれ変わったオーベルジュ豊岡1925では、”但馬キュイジーヌ”をテーマに、新鮮な地元野菜や近海の魚介、但馬牛をはじめとした様々な食材をフレンチの技法を用い、華やかな一皿に仕上げました。

お料理と多彩なドリンクの数々を心ゆくまでお楽しみください。
皆さまのお越しをスタッフ一同、心よりお待ち申し上げております。